ホーム>>清洲城の見どころ>>武将隊おもてなし

清洲城

清須会議とは

天正10年(1582年)6月2日、家臣明智光秀の謀反による本能寺の変で、天下統一の半ばで、 織田信長公が討たれました。
清須会議とは

羽柴秀吉は、即座に"弔い合戦"の大義名分を掲げて、神戸信孝・丹羽長秀・池田恒興・中川清秀・ 高山右近らを率いて、明智光秀との『山崎の戦い』に臨み、主君の仇討ちを果たします。 わずか10日余りで、明智光秀を倒し近畿地方の秩序を取り戻した秀吉が信長の後継者として注目されました。 本能寺の変の時に京都から遠く離れた地点に居た柴田勝家・滝川一益ら先輩格の武将は遅れをとることになりました。
清須会議とは

信長の仇を討った羽柴秀吉の台頭を抑えようとする柴田勝家は、1582年6月27日、尾張の清洲城で織田家の重臣を集めて『清須会議(きよすかいぎ)』を開き、信長の正統な後継者を定めようとしました。
清須会議とは

清須会議が開かれた段階では、織田信長の血縁者として『織田信雄・神戸信孝・三法師(織田信忠の嫡子)』が残っており、この三人の中から家督相続者が選ばれることになっていました。 柴田勝家は信長三男の神戸信孝を、羽柴秀吉は信忠嫡子の三法師(織田秀信)を推しました。 清須には織田信雄(のぶかつ)・神戸信孝・滝川一益らも集まっていましたが、信長の後継者(織田家の家督相続者)を決める清須会議に出席していたのは、羽柴秀吉・柴田勝家・丹羽長秀・池田恒興であり、この4人を清須会議四宿老といいます。
清須会議とは
丹羽長秀が秀吉の『長子相続の筋目論』を支持したことで三法師(織田秀信)が信長の正統な後継者に決まりました。 神戸信孝が主君になれば烏帽子親を務める柴田勝家の影響力は増していたと考えられますが、結局、秀吉の親しかった織田信忠の幼少の嫡子・三法師(さんぽうし)が家督を継ぐことになったのです。

清須会議では、後継者だけでなく信長死後の領地の再配分(新知行)も行われ、柴田勝家は越前と近江長浜(秀吉の拠点)を手に入れ、秀吉は播磨・山城・河内・丹波を所領にすることになり、丹羽長秀は若狭に加えて近江二郡を得て、 池田恒興は摂津の池田・有岡(伊丹)に加えて、大坂・尼崎・兵庫といった摂津・河内の大半を獲得しました。 神戸信孝(織田信孝)は美濃国全域を所領し、織田信雄は伊勢に尾張を加えました。三法師の守役を務める 重臣の堀秀政(ほりひでまさ)も、丹羽長秀の本領から20万石を貰いうけ近江坂田郡も手に入れました。

『織田信長の後継者』の地位を争って羽柴秀吉と柴田勝家の対立は強まっていき、1582年末に秀吉と勝家が戦う『賤ヶ岳の戦い(しずがたけのたたかい)』が始まります。翌年4月には秀吉の勝利となり、勝家は妻のお市の方と自害に追い込まれます。さらには戦国の世は、信長公次男、織田信雄と徳川家康連合軍が羽柴秀吉軍と争う「小牧・長久手の戦い」へと続いていきます。

「賤ヶ岳の戦い」「小牧・長久手の戦い」へ・・・

詳しくは、清洲城天主閣3階「清須会議コーナー」もご覧ください